とにかく童貞喪失してイメチェンしたかったのです

千葉県浦安市若い男さん(24才)の投稿

女性にモテないのは見た目が悪いからだと確信し、僕はファッションや髪型をおしゃれにして、少しでも女性に気に入られようとがんばりました。

でも反応は今までと同じで、自分ではイメチェンしたと思っていても周囲から見たらぜんぜん様になっていないということに気づかされました。

「何ていうのかな、渋さというか落ち着きというか、内面からこみ上げてくる男の匂いがないんだよね」

友人はそう意見します。

「もしかしてお前、童貞だろう・・・え、そうなの? やっぱりか」

童貞は顔に出ると友人は言います。

いくら見た目を格好良くしても中身が童貞なら大人っぽい男にはなれないのでしょう。

それから童貞喪失が僕のミッションになりました。

健全な精神は健全な肉体に宿る、ではないですが、男の魅力というのはある程度女性経験の上に築かれるのだと思いました。

とにかく「僕は童貞じゃないです」というステータスを手にすること。

彼女いない歴24年の歴史に終止符を打つこと。

これをしなければ僕の未来はないのです。

さっそく僕は無料の出会い系サイトに登録しました。

目的は童貞喪失ですから、相手へのこだわりはなく、僕に会ってくれて性体験をさせてくれる女性であれば誰でもいいと思いました。

48歳になるというおばさんを見つけ、かくかくしかじか童貞喪失をしたい胸の内を語ったら、お手伝いしてくれるとのことで、晴れて相手を探すことができました。

会った初日に何時間もかけてトークをして、十分に心の距離を縮めてからホテルに行きました。

「童貞を捨てる方も奪う方も信頼関係がないといけないわ」

そのほうが本番行為も成功しやすいというのです。

さすがは経験豊富な熟女。

手取り足取りエスコートしてくれて、何とか童貞を卒業することに成功しました。

「もうこれで終わり? 一回だけでいいの?」

彼女は再会を要求してきます。

「もっと経験を積まないと、すぐにセカンド童貞になっちゃうわよ」

それも一理あると思い、今彼女と現在進行形でお付き合いしています。

もう5回ほどエッチ済みです。

すべてが勉強だと思って性体験を積ませてもらっています。

女性にモテるその日まで、がんばります。